税理士の力を借りて会社設立の負担を減らす

税理士の力を借りて会社設立の負担を減らそう

基本材料の調達

面倒な手続きや資金の調達が終わっても、会社を続けていくにはまだまだ細かい作業が発生します。会社を設立したばかりでは、経営を続ける材料やノウハウがほとんど揃っていませんよね。義務的な手続きを済ませただけでは、会社を成り立たせることはできません。その場合に、最低限の会社を成り立たせる道具を揃えることも、税理士に任せることができます。

たとえば経費や売り上げをきちんと計上していくには、会計ソフトが必須となります。また、支払いしたり入金したりといった経理システムも構築しなければならないし、書類のやりとりは税金に関するものや定款だけでなく、雇用保険や社会保険などの申請もあります。会社をきちんと経営していくために、はじめにするべき作業はたくさんあるのです。

税理士がいれば、どこに手続きが必要なのかを整理し、アドバイスをしてくれたり、作業によっては代行をしてくれたりすることもあります。ただでさえ多くて複雑な会社設立の準備作業。必要なタスクを整理してもらい、できるだけスムーズに、効率よく進められるようにしてもらえば、会社にとっても利益になることでしょう。会社の基盤を最初にきちんと作っておくことで、今後の経営を円滑に進めることができます。

融資申請の手間を省く

会社設立には資金調達も必要になります。資金が足りない場合は融資を受けるために、金融機関とのやりとりも重要ですよね。会社設立時の融資の場合、銀行などの一般的な金融機関では、返金されないことが予想されるため、ほとんど受けられません。そこで「日本政策金融金庫」など、政府が運営している創業融資に頼ることになります。

しかし、こちらも手続きが多く、さらに審査も厳しいために、融資を受けるのに時間がかかってしまいます。そんなときは、融資に強い税理士に相談すれば安心です。どれくらいの可能性で融資が受けられそうか、受けられそうであればどのように手続きしたらよいかなどのアドバイスをもらえます。手続きを手伝ってくれたり、実際の手続きする場に付き添ってくれたりすることも。

設立後に銀行などの金融機関で融資を受ける場合もまた、税理士の補助があればスムーズにいきます。特に、金融機関と提携している税理士事務所に依頼するとよいでしょう。融資についても相談しやすく、自分たちで探したり、手続きしたりする手間を省けます。銀行とのやりとりを円滑に進めるためのセミナーを開いている事務所もあるので、受けたい融資の金額や状況を相談してみるとよいでしょう。

書類の整理や記帳の代行

会社を設立するにあたってまず、定款作成をしなければなりません。定款とは、会社名や社員数など会社の基本的な事項を記す書類で、会社の基礎の基礎を証明するものになります。内容を一見すれば複雑でもないのですが、細かに見ていくと、資本金や出資額なども記入しなければならないですし、認証を受けなければならないので、適当にあしらうことはできません。

また、会社を設立してからも、書類作成は多くあります。たとえば、会社を経営している限り、記帳という言葉からはなれることはできません。記帳とは、会計帳簿に必要事項を記入することです。これは会社法にも記されている非常に重要な事項で、虚偽の申請があると罰則が与えられてしまう可能性もあります。特に決算時に作成する決算書は、この会計帳簿あってのもので、決算の時期になって急にできるものではありません。3か月ほど前から事前に準備をしておく必要があります。

会社を設立してビジネス準備をしている時期、あるいはその後経営をしていくにあたって、書類を丁寧に準備している時間はほとんどありませんよね。そんなときにお世話をしてくれるのもまた、税理士です。事前に相談しておけば、書類対応への負担も軽くなります。税理士によっては記帳代行をしてくれるところもあるので、依頼内容を確認し、相談してみるとよいでしょう。記帳がきちんとしていれば経営も把握しやすく、資金繰りの微調整もしやすいです。

会社設立の負担を税理士に

会社設立時にはさまざまなことに着手しなければなりません。定款の作成や税金対策、資金調達やオフィスの手配など、設立の準備だけでも、やることが盛りだくさんですよね。そんな状況で、個人であれもこれもと手を出していては、時間がかかりすぎて、非効率になってしまいます。設立の手続きばかりに気を取られ、本業のビジネスがおろそかになってしまうのでは、せっかくの会社設立もマイナスになるかもしれません。

そこで、税理士の力を借りて会社設立の負担を減らし、事業に専念してみてはいかがでしょうか。専門家の力を借りれば、自分で調べなければならないことも減りますし、わからないことはすぐに相談できます。面倒な手続きや書類記入を代行してくれるサービスがあったり、助成金の手続き補助や、資金繰りのアドバイスをしてくれたりすることも。

細かいサービス内容は税理士やその事務所、そして支払う金額によって変わってきますが、無料相談を受けたり、見積もりを出してもらったりしながら、どうすると効率がよいか、少し考えてみることをおすすめします。だいたいの税理士事務所は料金表をきちんと用意していますし、空けられる時間や出せる予算に合わせて、自分で行う作業と税理士に依頼する作業を分けるのもよいでしょう。

円滑に事業が進められるよう、専門家を雇うことは、決してマイナスの出費とはいえません。ここでは会社設立の際に発生する負担を軽減してくれる、税理士のサービスを紹介します。具体的にサポートしてくれる内容を把握して、会社設立にどうしてもかかってしまう負担を、できるだけ軽減しましょう。