税理士の力を借りて会社設立の負担を減らす

税理士の力を借りて会社設立の負担を減らそう

Home » 書類の整理や記帳の代行

書類の整理や記帳の代行

会社を設立するにあたってまず、定款作成をしなければなりません。定款とは、会社名や社員数など会社の基本的な事項を記す書類で、会社の基礎の基礎を証明するものになります。内容を一見すれば複雑でもないのですが、細かに見ていくと、資本金や出資額なども記入しなければならないですし、認証を受けなければならないので、適当にあしらうことはできません。

また、会社を設立してからも、書類作成は多くあります。たとえば、会社を経営している限り、記帳という言葉からはなれることはできません。記帳とは、会計帳簿に必要事項を記入することです。これは会社法にも記されている非常に重要な事項で、虚偽の申請があると罰則が与えられてしまう可能性もあります。特に決算時に作成する決算書は、この会計帳簿あってのもので、決算の時期になって急にできるものではありません。3か月ほど前から事前に準備をしておく必要があります。

会社を設立してビジネス準備をしている時期、あるいはその後経営をしていくにあたって、書類を丁寧に準備している時間はほとんどありませんよね。そんなときにお世話をしてくれるのもまた、税理士です。事前に相談しておけば、書類対応への負担も軽くなります。税理士によっては記帳代行をしてくれるところもあるので、依頼内容を確認し、相談してみるとよいでしょう。記帳がきちんとしていれば経営も把握しやすく、資金繰りの微調整もしやすいです。

Name of author

Name: admin